シェフ・マルシェについて

シェフ・マルシェ(呼称:シェフマル)は、
料理人、また経営者として、多岐多忙な仕事をこなしている外食店シェフをサポートするため、
2006年3月にカタログ通販事業を開始しました。
「シェフに代わって食材や備品をプロの目で吟味、厳選し、最短でお届けする」、
「下調理済み食材を通じて、仕込みの時間や、アルバイトなどの人件費の削減を図る」、
「店の『売り』となるメニュー、季節の宴会プランを提案する」など、
“シェフのセコンド”を目指してきた10年でした。
2015年末時点で取扱商品数は1,000アイテムを超え、
そのうちお店のご意見を基に弊社独自で開発したオリジナル品は40%超となりました。
また、ご登録いただいている外食店様は、北海道から沖縄まで
日本全国で15,000店、60業種にわたっています。
これもひとえに、お客様のご支援、ご指導の賜物と、深く感謝しております。
これからの10年は、シェフマルにとって次の飛躍へのフェーズに入ります。
今後は、単に受け身的な立場ではなく、より積極的に外食店様をご支援できるよう、
“お店のナビゲーター”を目指します。
これまで以上にシェフのお役に立てるよう、
新たな商品の開発とサービスの導入、情報発信に努めます。
これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。
株式会社ユニコ・ジャパン・インターナショナル
シェフマル事業部 ジェネラルマネージャー
村田 耕
品質へのこだわり
商品のみならず、カタログデザイン、梱包・配送、カスタマーサービス対応にいたるまで、お客様に常に満足頂けるよう、日々、品質改善に取り組んでいます。お客様からのご要望、クレームに真摯に向き合い、迅速かつ、丁寧な対応を心がけています。
利便性へのこだわり
営業日およびご注文締め切り時間の延伸、電話、FAX、インターネットとマルチなご発注対応、配送料が無料になるご注文金額の引き下げ、商品を正確かつ安全にお届けするための流通体制の構築など、お客様にストレスなく、買いやすいと感じていただけるような環境の整備に取り組んでいます。
独自性へのこだわり
洋食材に特化した通販カタログの創刊、下煮シリーズに代表されるオリジナル商品の開発、飲食業界に先駆けて構築したインターネット注文サイトなど“、シェフマルならでは!”という独自性を強く意識して参りました。今後も、進取の気鋭で新たなサービスづくりに研鑽致します。
目利きと幅広い品揃え
商品の選定にあたり、複数の現役シェフの協力のもと、相当数の食材を調理、試食、検討し、選び抜いた食材のみを商品化しています。また、高級食材から汎用食材まで、前菜からデザートまで、洋風外食店向けの食材、厨房用品・消耗品を幅広く取り揃えています。
仕込みや調理を代行
多忙なシェフの手間、時間を削減するため、また人材不足、アルバイトなどの人件費削減に対応するため、下処理や調理を済ませた食材を開発しています。空いた時間でシェフ本来の業務、経営者としての仕事に注力いただけます。
食材ロスの回避
使い切り個食パックや、カット・掃除済み食材、必要量だけ使える凍結法で、ロスを抑え、歩留まりを向上しています。さらに商品の翌日配送(一部地域を除く)を徹底し、販売単位も少量なので、在庫スペースを縮小できます。